Resarch
研究紹介
About
分子病理学分野について

形態学を基本に、
最先端の臨床応用を目標にした研究を

基礎医学のみならず、臨床医学としての病理診断や、
病理形態学をベースにした研究に興味のある学生、研修医、臨床医の多くの方々に活躍の場を提供できると考えています。

研究成果 / Publications
<2021/R3>
Narangerel Jigjidkhorloo, Kohsuke Kanekura, Jun Matsubayashi, Daigo Akahane, Koji Fujita, Keiki Oikawa, Atsushi Kurata, Masakatsu Takanashi, Hitoshi Endou, Toshitaka Nagao, Akihiko Gotoh, Oyundelger Norov & Masahiko Kuroda.
Expression of L-type amino acid transporter 1 is a poor prognostic factor for Non-Hodgkin’s lymphoma.
Sci Rep. 2021 Nov 4;11(1):21638. doi: 10.1038/s41598-021-00811-8. Link >
<2021/R3>
Akira Saito, Hidenori Toyoda, Masaharu Kobayashi, Yoshinori Koiwa, Hiroki Fujii, Koji Fujita, Atsuyuki Maeda, Yuji Kaneoka, Shoichi Hazama, Hiroaki Nagano, Aashiq H Mirza, Hans-Peter Graf, Eric Cosatto, Yoshiki Murakami, Masahiko Kuroda.
Prediction of early recurrence of hepatocellular carcinoma after resection using digital pathology images assessed by machine learning
Mod Pathol. 2021 Feb;34(2):417-425. doi: 10.1038/s41379-020-00671-z. Epub 2020 Sep 18. Link >
<2021/R3>
Chen Chen, Yoshiaki Yamanaka, Koji Ueda, Peiying Li, Tamami Miyagi, Yuichiro Harada, Sayaka Tezuka, Satoshi Narumi, Masahiro Sugimoto, Masahiko Kuroda, Yuhei Hayamizu, Kohsuke Kanekura.
Phase Separation and Toxicity of C9orf72 poly(PR) depends on alternate distribution of Arginine.
J Cell Biol. 2021 Nov 1;220(11):e202103160. doi: 10.1083/jcb.202103160. Epub 2021 Sep 9. Link >
新着情報 / New arrivals
NEWS
2021年12月01日
医学総合研究所の落谷孝広教授との共同研究研究が、Blood advancesにアクセプトされました。
title:SORT1/LAMP2-mediated Extracellular Vesicle Secretion and Cell Adhesion Are Linked to Drug Resistance in Multiple Myeloma
NEWS
2021年11月05日
大学院生(博士課程)4年Narangerel Jigjidkhorlooさん(指導:黒田主任教授、金蔵講師)の論文がScientific Reportに掲載されました。 Link >
NEWS
2021年11月04日
泌尿器科との共同研究(責任著者:黒田主任教授)がModern Pathologyに掲載されました。 Link >
NEWS
2021年10月24日
大学院生(修士課程)1年の宮城宮碧水さん(指導:金蔵講師)の論文がBBRCにacceptされました。 Link >
NEWS
2021年10月19日
黒田雅彦の金沢大学との共同研究が、Proceedings of National Academy of Sciences, USA(PNAS)に掲載されました。
NEWS
2021年06月15日
大学院生(修士課程)2年の山中喜晃君(指導:金蔵講師)の論文がLaboratory Investigationに掲載されました。 Link >
Accessアクセス
東京医科大学 分子病理学分野

〒160 - 8402 東京都新宿区新宿6-1-1 第一校舎2階